English 日本語 中文  
スマートグリッドプロジェクトを竣工  海外の技術独占を打破
 

 江蘇凱隆電器有限公司はこのほど、スマートグリッド設備製造プロジェクトを竣工した。

 情報によると、当プロジェクトの第一期工程は2014年12月にスタート、投資総額2.5億元、建設面積5万平方。 当プロジェクトは主に導入された製品と独立で研究・開発した新製品の産業化を実施することだ。 このプロジェクトの実施は、インテリジェントスイッチのコア技術の研究開発能力を大幅に改善し、海外のスマートグリッドの配電・電力使用の技術独占を打破し、国際市場における国内製スマートスイッチ設備および管理プラットフォームの競争力を向上させた。 売上高4億元、利益と税金8000万元が増加する見込みだ。

 近年、常州経済技術開発区はスマートグリット装備を代表とする現代的な産業システムを重点的に構築し、区内には電力整備関連企業100社余りがあり、すでに発電、送電、変電、電力使用などスマートグリッド産業チェーンを形成している。2017年度は200億元近くの売上高を実現した。


 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受