English 日本語 中文  
方国強副市長がオーストラリア労働党副党首一行を会見
 

   12月2日午前、方国強副市長が市行政センターでオーストラリア労働党副党首、元貿易部長Emerson 一行を会見し、中国・オーストラリア自由貿易協定(中豪FTA)に正式に調印した後、常州とオーストラリアとの経済貿易発展について会談した。

   方氏は常州の経済と社会の発展状況を紹介し、中豪FTAが締結された以後、常州はオーストラリアと様々な分野でさらに交流と協力を強化し、投資や輸出を拡大することを希望すると示した。

   Emerson氏は、中豪FTAの主なプロモーターであり、何度も中国を訪問したことがある。今年の5月、春暉乳業はオーストラリアで独立企業--豪州中華乳業資本集団(ACDC)を設立し、Emerson氏は取締役会の主席を担当している。常州滞在中、春暉乳業の三大基地を視察するほか、常州企業が豪州市場の拡大を促進させるため、市幹部と共同で一帯一路戦略の実施を検討する予定。

   常州とオーストラリアとの友好協力は歴史が長い。1998年、常州はハーストビルと国際姉妹都市関係を締結した。今年の1~10月、対オーストラリア輸出入貿易総額9.9億ドルに達し、主に機械製品、電気製品、繊維原料や繊維製品、金属製品を輸出している。11月まで、常州に進出しているオーストラリア系企業は合計192社、登録資本金 8.06億ドル。同時に、オーストラリアで投資している常州企業が13社ある。


 
常州市人民政府 常州市情報化弁公室が主催
常州市外事弁 常州市情報中心が引受